「地球市民として話しをしようact03【政治】「AI時代に私たちがするべきこと」

開催報告

10月11日Dignity2.0国際カンファレンス最終日は、地球市民会議「地球市民として話をしようact03【政治】「AI時代に私たちが希望すべきこと」をテーマに、オフラインで5名、オンラインで3名のゲストを迎え、令和哲学者ノ ジェス氏とAI和合クリニック院長 自然療法医 長岡美妃氏の司会・ファシリテートのもとでトークライブを開催しました。

【オフライン出演】
長野 広樹さん(JeiGrid株式会社 代表取締役) 
今井 カツノリさん(株式会社クラスデザイン代表取締役/一級建築士) 
沖田 一希さん(予備校講師/歯科医師)
原田 卓さん(北海道2.0構想発起人代表/フロンティール共同代表)
Morphie/風見雅子さん (Next Renaissance地球市民会議発足準備委員会共同代表)

【オンライン出演】
福田 純子さん(株式会社oneスマイル代表/文化団体笑顔共和国大統領/運命好転学創始者)
石田 和靖さん(越境3.0チャンネルYouTuber/オンラインサロン主宰)
姉咲 たくみさん(SF建築作家)

ーファシリテータ 令和哲学者 ノ ジェスさん
ー司会 AI和合クリニック院長 長岡美妃さん

日頃あらゆるジャンルで多種多様に活躍されている出演メンバーの皆さまに、今回は「政治」をテーマにしたQ&A方式でのディスカッションに取り組んでいただきました。

<質問>

  1. 政治とは何だと思いますか?どんな活動が政治活動なのでしょうか?
  2. 今のアメリカ、中国の覇権戦争をどうみますか?
  3. 多くの人たち(特に若者)が政治に関心がない問題をどうやって解決できるのか?
  4. 政治にAI(人工知能)を導入することをどう思いますか?<Yes or No>
  5. 政治活動で今までにない「何か」、無から有を生み出すとしたら、グローバルレベルで通じるアイデアを1個出してみてください。<10文字以内>

「政治とは何か」というそもそもの本質から、現実的な時事問題、そして理想の政治まで、幅広く展開したとても濃度の濃い2時間でした。世界基軸教育がベースになり、地球市民としてアイデンティティが広がることで、政治というものが、とても興味深くエキサイティングなものになっていくイメージが膨らむ場になりました。

最後のまとめとしては、世界政府の必要性が語られました。
国家・民族・宗教の壁を超えて、あらゆる観点・判断基準を統制し、世界政府を可能にするためには、今までの古い秩序を一度ゼロ化できるのか、ということがキーになります。そして新しい秩序をどのようにつくるのか。戦争不可能な心から始まる令和憲法についても語られました。

完全学問、デジタル哲学の登場により、新たな人間観や世界観が提示できるからこそ、今まで概念はあっても実現ができていない世界政府が可能になるというコメントからも、より具体的な希望をみることができました。

<アンケートの感想(一部抜粋)>

  • 政治にイマイチ関心が持てずにいましたが、今日の会話をきいて、凄く身近に感じることができました。意識をむけて1つ行動するだけでも参加していることになるのか!今まで難しく考えすぎていたな、と気づけました。
  • 本物の教育、本物の個人、本物の共同体で本物の平和を実現したい。その希望が見えました。
  • 色んな分野で活躍されている方とのセッションは、多角的な意見が出てきて面白いなと思いました。

貴重な感想ありがとうございます。

今後ともNR地球市民会議のムーブメントを広げ、皆さまと共に希望を具現化していきたいです。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
関心をもって読んでいただいた地球市民の皆さま、これからもよろしくお願いします。

(福田×陣内)

タイトルとURLをコピーしました